トイレにつながる水道の修理

水道はさまざまなところで使われています。トイレは、常時水が必要な設備であり、水道が開いた状態で接続されます。タンクの中にある弁を使って締められていますが、うまく機能しないと大きな問題を生じることになります。

■小さいトラブルも大きな被害が

トイレの水の問題は、大きなものから小さなものまでさまざまです。水道管に亀裂が入り、噴き出してしまうようなこともありますし、もっと小さなトラブルとして、タンクからわずかに水漏れを起こして、少しずつ便器に流れ出てしまうようなことも起きます。しかし、水道代として考えた場合、わずかに漏れていくような状態の方が大きな影響になってしまうことも珍しくありません。その場ではたいしたことはないと思っていても、請求書が届いたときに、びっくりするような事態になる可能性があるからです。

■わずかでも24時間漏れている状態

わずかに漏れだしていると思っていても、使いもしない水が24時間勝手に出続けていれば被害は大きくなっていきます。便器の構造上、一定以上の水は溜まらないようになっており、下水に流れていくことで発見を遅らせます。早めに修理をすれば、想定以上の水道代になることはありません。無駄に消費し続けていることにメリットは存在しないのですから、おかしいと思った時点で修理をする方が余計な出費にならずに済みます。水漏れの修理をする方が費用も想定しやすくなるのですから、いきなり驚くような事態に至らずに済むはずです。

■まとめ
水回りのトラブルは、少しでもおかしいと思ったときには修理をすることが大切です。トイレは特に水を使う場所です。大量の水を抱えているため、油断しないようにしなければいけません。少しだからといって放置するのではなく、トラブルが起きている事態を理解して、適切な対応を考えるべきです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ