水道修理で直るシャワーの水圧

お風呂でシャワーの水圧が下がってしまうと不便です。この時、水圧が弱くなった原因を知ることで水道修理をする際にもスムーズに行なうことができます。水圧に異常が起きる原因は様々なことが考えられるため、原因を正確に把握することが大切です。

■フィルターやシャワーヘッドのつまり

問題を把握するために重要になってくるのが、フィルターやシャワーヘッドに問題がないかどうかです。水道から直接シャワーにくるのではなく、給湯器などを通して水が出ますが、ヘッドで異物がつまらないようにフィルターが取り付けられています。異物が詰まると当然水圧は弱くなってしまいます。ヘッドの汚れも同様で、見ただけでも判別がつくこともあります。修理といっても汚れを落とすだけで簡単な作業であるため自分でも行なえます。シャワーの水がばらばらに出てくることがあれば、つまっていると考えてもいいでしょう。

■止水栓を締めてないか

他の場所の水道を修理したりしたときに、止水栓を締めてしまっていることも原因として考えられます。水を止めるための栓と思われていますが、実際には水圧の調整のためにも使用できます。締めれば出てこなくなりますが、わずかでも締めることで水圧を下げられます。これにより量が少なくなりますが、工事をするために調節していた場合には戻し忘れている可能性もあります。これらのポイントを点検しても水圧が直らないといったときには、専門業者に相談して点検する必要があります。特に給湯器の問題になると簡単には手が出せない問題であるため、給湯器 交換や修理をプロに任せた方が安心です。

■まとめ
シャワーの水圧が弱まるトラブルでは自分で対処ができるものもあります。構造的なことを理解すると掃除するべき場所もわかるでしょう。いつも出るものだと思わずに、清掃や点検をしておけば焦ることはありません。給湯器のトラブルもすぐに発見できるので、とても重要なポイントです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ