水道の修理の前に栓を締める

水道の修理をする場合には、水圧がかかっていることを忘れてはいけません。水は力がかかると驚くほどの破壊力も出てきます。コンクリートなどを切断するような機械も存在しているほどです。そこまでの力はなくても、水が噴き出す状況は非常に危険性が高いことから、迅速な対応が必要です。

■当該設備だけ供給を絶つ止水栓

水道の修理をする場合、水漏れが大きな問題になってきます。水道は圧力をかけて圧送してくるところが特徴です。圧力がかからなければ、高いところから低いところへ流れるだけです。つまり、水道管の中に圧力がある限り、ずっと水は止まらないことを意味しているといっていいでしょう。吹き上がるようなことも出てきますが、これが目に入れば大きな怪我をする可能性もあります。管に亀裂があるようなときには、亀裂がさらに広がってしまうようなこともあり得るため、まずは止水栓を締めるところから始める必要があるでしょう。水道管を追っていけば、設備ごとに水を止める栓があります。これが止水栓で、手かマイナスドライバーで締められるのが一般的です。

■すべてを止める元栓

水を止めるという部分では、住環境の中の水を全て止めてしまうのが元栓です。元栓は、水道メーターと一緒に取り付けられている止水栓と考えることができます。大元になっているため、これを締めればすべての水道が止まります。ただし、設備の目の前にあるものではないため、行ったり来たりと移動することになります。止水栓よりも上流で漏れているような場合には、元栓を締めて修理するしかありません。

■まとめ
水を止めることによって、安全に修理ができるようになります。水の力は非常に単純で強力です。周囲のものを破壊してしまいますし、怪我をすることも考えられます。周りを汚してしまう可能性もあるため、必ず栓を締めてから行なうことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ