水道に直結する蛇口の修理

水道の水漏れとしては、蛇口周りは重要なポイントになってくるでしょう。水を止めている栓があるため、当然大きな問題につながっていきます。この際、構造を知っていると、そのまま水道 修理するべきか、業者に依頼するべきかを判断できるようになります。

■水道と直結している問題

蛇口は水道に直接つながっている部分ですが、当然圧力がかかっています。さまざまな部品を組み合わせることによってコントロールできるのが蛇口です。水漏れが発生したときには、水道を締めなければいけません。漏れてきてしまっている以上、圧力を下げて修理をする必要があるからです。止水栓は水道管を追えばあるはずですし、見つからない場合には元栓を締めてしまうといいでしょう。これで修理できる条件を揃えることができます。

■2種類の蛇口

蛇口はツーバルブ混合栓とワンレバー混合栓の2つが使われるようになりました。ハンドルの数で判断できますが、水量や温度の調節方法が異なるため、構造も異なります。違いとしては、構造的に複雑なのはワンハンドルです。バルブカートリッジが使われているところも大きな違いですが、どちらもパッキンが大きな原因になってきます。上から順番にどうなっているのかがわかるようになると、自分で修理することもできるはずです。ただし、部品はそれぞれ異なりますし、外すために工具が必要になることも出てきます。ドライバーとモンキーレンチで対応できることがほとんどですが、レンチはしっかりと用意しておくようにするといいでしょう。

■まとめ
蛇口は修理しやすい部分です。水道の中でも簡単であることは確かですが、道具は必要です。モンキーレンチは簡単に使用できる道具ですが、どうしても滑ってしまって角がなくなる場合もあります。サイズが合うレンチがあれば確実に外せるため、事前に用意しておくといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ